インテリア照明の歴史とチェックポイントをおさらい

インテリア照明には、様々なタイプの灯りが使用されていますが、和製の灯りは低い天井と畳張りの座敷に暮らす日本人の生活空間に、最もよくフィットするように作られています。
また、華麗なものが多い西洋の照明器具に対して、日本のものはどことなく儚さや哀愁を感じさせ、昔懐かしい温かみのある光で部屋全体を包み込んでくれます。
日本のインテリア照明は、昔から様々な変遷を遂げてきました。
古くは動物や植物から採取した油を入れた皿に火をつけて、灯台として使用してきました。
室町時代以降になって、ろうそくが普及し始めると、インテリアとして燭台も使われるようになりました。
油とろうそくというのが、長い間日本における照明器具の二大潮流であったのです。
明治時代に入って、西洋諸国からランプが導入され、屋外照明として導入されたガス灯とともに、日本の照明器具の歴史を大きく塗り替えることになったのでした。
インテリア照明として電灯も、同時期に日本に紹介されましたが、当時は非常に高価で、一般家庭に電灯が普及するのは、大正時代以降のことです。
明治時代や大正時代に製造された照明器具を手に入れて、今でもインテリアとして利用している人も多く、アイデア次第でいろいろな使い方が可能です。

おしゃれなインテリア照明について

おしゃれなインテリア照明についてです。
最近は昭和レトロのものが人気です。
シャンデリアのような高級なものも人気が高いです。
個性的な作りのものも人気がありますし一点限定のような変わったものも人気です。
理科の実験で使用するようなフラスコタイプのものも若い女性を中心に人気があります。
値段はお手頃なものが人気です。
アンテイークの高いものも中高年の世代を中心にして人気があります。
ランプのような作りのものも人気ですし北欧風のものも人気です。
リモコン仕様の便利なものは年代問わずに人気が高い売れ筋商品です。
間接照明より天井に固定するタイプのものが人気です。
理由はワンルームなどの限られた空間でもおしゃれにインテリアとして照明を楽しむことができるからです。
温かみのある光を出すものが人気が高いです。
和風照明も最近注目されています。
洋間やフローリングにあえて合わせる上級者のインテリアテクニックの人が急上昇中です。
アイスキューブ型のものも若い女性を中心に人気です。
どんなインテリアでも合う作りのもので主張しすぎないオシャレ感を演出することができます。
かわいい見た目で飽きのこないデザインのものです。
価格もお手頃で評判もいいです。

Favorite

化粧品を高く売りたい

ノベルティで名入れを検討する

初めてのサバゲ

Last update:2018/6/21

『インテリア照明』 最新ツイート

@dg_swallow

Trans Globe Lighting Counterbalance Desk Lamp RTL-8855 デスクスタンド https://t.co/1iEoI7OTyP #ライト #インテリア #照明 #SwallowTale

5分前 - 2018年08月17日


@sumai_ken

インテリア77―部屋別「キッチン」オープンキッチンならば照明もくつろぎ方向にしておく #湘南住まい

13分前 - 2018年08月17日


@KurosawaTomoki

本は"思想を伝えるインテリア"と捉えると、活用の幅は広がりそう! 小さなスペースで大きな思想を伝えるという表現は最適ですね! リアル店舗にとって、照明やウォールアートと同じくらい、本のセレクトが重要になってくると思う。 https://t.co/gZ0XqVYrPi

24分前 - 2018年08月17日